猫の飼い方・育て方

猫の飼い方の基本2-① ペットショップ・動物愛護団体・譲渡会・猫カフェ・ブリーダー・野良、猫の入手方法。グッズ。

はじめに 昨今の猫ブームの影響もあり、猫を飼う人の数はどんどん増えています。 猫はとても可愛くて、日々の生活を飼うということは「命を預かる』ことでもあり、最後まで責任を持って面倒を見るという気持ち・覚悟が必要です。 ここ…

犬の飼い方・育て方

犬の怯えたような表情、よく観察し続けながら犬の表情が和らぐのを待ちましょう。トイレのトレーニング。

犬との関わりとして じゅんち【馴致】(名)スル、とは、 なれさせること。なじませて,次第にある状態に達するようにすること。 「千年万年の間に一された習慣を」〈硝子戸の中漱石〉(辞書引用) 具体的な馴致の方法はここでは割愛…

犬の飼い方・育て方

声による指示(声符)よりも指差しなどによる指示(指符)のほうが伝わり易い。散歩嫌い?は危険信号。

犬と人との関係 ところが犬はハンドラーの指差しの意味を直ぐに感じ取り、食べ物が入ったコップを見事にみつける事ができます。 これには諸説あるものの、一説では先史時代の人類も猟の際に犬に向かう方向を伝えるために指差しを使って…

犬の飼い方・育て方

車が苦手な犬は大きな音がそばを通過した時に、パニック状態になる。いち早く犬の緊張状態を察することが大事。

犬の散歩時 なぜなら緊張状態というのは不測の事態に対して素早く反応するための待機状態と言えるからです。 常に何かに備えているわけですから、その何かが起これば直ちに反応し行動を起こします。その行動は様々ですが一例をあげると…

犬の飼い方・育て方

犬が興奮しているうちは餌を与えずに、犬が落ち着いている事のご褒美として餌を与えるようにしましょう。犬とヒトの歩き方とは。

えさを与えるタイミング 犬が落ち着いている事のご褒美として餌を与えるようにすると、犬は穏やかになってきます。 犬が興奮しているうちは餌を与えずに、先にヒトが食事を済ませてもよいでしょう。 その際はできるだけ犬から見えない…

犬の飼い方・育て方

散歩でストレスを発散。欲求の発散ができなくなれば、何らかの問題を引き起こやすい?

このように朝からしっかりと活動できている犬は日中うたた寝をして穏やかに過ごすことができます。もちろん散歩で適度なストレスの発散をして帰宅後に餌を食べて寝るという生活ですから、食後に活発になることはなく、胃捻転にならずにす…

犬の飼い方・育て方

犬の散歩での匂い嗅ぎ・マーキング。なぜマーキングするのかや重要性とは。1日に必要な散歩回数と時間。

散歩と運動は意味が違う 家の近所だけで匂い嗅ぎ・マーキングが終わったとしても、行動の範囲が狭すぎると、この欲求が満たされなくなります。 実際に散歩に行くと、犬は既に排泄するものが無くなっていても、おしっこの排泄をおこない…