愛犬との絆が深まれば歩く位置は自然と決まる。犬はヒトと同じく歩く動物。

【スポンサーリンク】

犬との散歩

ただし、あくまでも上手く歩ければの話しです。ここまでマスターするには多くの時間が必要になるかもしれません。

愛犬との絆がしっかりと構築されれば、どこの位置を歩くかというのは問題にならなくなります。

犬はヒトと共に歩く動物である

科学的な仮説では、犬と人の共生の始まりは1万5千年以上前と言われます。

1万5千年以上となると先史時代ですから地域によってヒトはまだ文字も書けません。

そんな時代の遺跡からヒトと犬が抱き合うようにして、共に葬られた化石が発見されています。

これが現在のところ、人類が初めて動物と共に暮らした形跡とされています。

また動物考古学の一説では、共に葬られていたことから、ヒトにとって犬は食用の家畜ではなく、仲間として、パートナーとして、または家族として暮らしていたのではないか、とも言われています。(一部のアジア地域では食用だったとも言われています)

先史時代のヒトの暮らしは今とはかけ離れたスタイルだったと思います。きっと、その傍らには犬が寄り添っていたのでしょう。この時代の主な犬の仕事は、人が住む集落の番犬的な役割と狩猟だとも言われています。

共に暮らしていたという事は化石から見ても事実でしょうから、犬も逃げなかったのでしょう。ということは当時からヒトと犬は互いにコミュニケーションを取っていたということになります。

猟場に移動する時は、ヒトと犬が共に歩いていたとも容易に想像ができます。

犬が集落に住み着く以前のヒトは農耕技術もなく、猟場を転々としながらの移動を伴う生活でした。

狩りの成功率は低く、生き延びるのには大変な労力を要します。この頃は、この過酷な環境のために地球上での人口はまだ少なく、オオカミの個体数のほうが上まっていたとされています。

そのためヒトは他の肉食獣から狙われる弱い存在です。

そして犬と共に生活するようになったヒトは、犬の能力の恩恵を受けることになります。犬は縄張りでの警戒心があります。

縄張りに群れのメンバー(ヒトも含む)以外の者が近づいてくれば、警戒して吠えたことでしょう。

この能力のお陰で、集落の周りにある危険を素早く知ることができます。

猟場に連れて行けば、ヒトの代わりに狩りもしてくれます。

狩りの成功率はヒトよりも、はるかに上回るので食料の確保が簡単になります。ちょうどその頃からヒトは農耕技術を開発します。

この農耕技術のお陰で作物が沢山採れるようになり、ヒトは一箇所に定住できるようになりました。これが都市の始まりだとされています。

こうした事を背景に動物学の一部では、ヒトの都市化には犬が大きな貢献をし、ヒトは犬と共に進化したという考え方もあるほどです。

ヒトと犬の関係は私達が思っている以上に深い関係にあるようです。

事実、オオカミや他のイヌ科亜種から進化したとされる犬は、他のイヌ科動物にくらべて脳の大きさが違います。

野生で生きる必要がなくなった犬は脳の領域の狩猟に使われる部分が小さくなり、その代わりに他者とのコミュニケーションをつかさどる部分が発達しました。

この発達は、主にヒトとのコミュニケーションに使われる部分です。ここで有名な実験をご紹介します。

実験はチンパンジーと犬で比較されます。ハンドラー(ヒト)は好物の食べ物を1つ持っています。

それを目の前にある2つのコップのうち1つに隠します。

どちらのコップに食べ物が入っているかはチンパンジーも犬も判りません。

そこでチンパンジーと犬の前に2つのコップを置き、ハンドラーは食べ物の入っているコップを指さします。

動物の中で、もっとも知能が高いとされるチンパンジーにはハンドラーの指差しの意味が分からず、食べ物を探し当てられません。


→ 戻る

→ 次へ


引用文献・参考文献

著者 田中 雅織氏

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です